いざ行け!ドラマ「もしも、学校が・・・!?」ロケ地めぐり

2005.07

もう、20年前になるTBSドラマ「もしも、学校が・・・!?」
おちこぼれの生徒とその先生達が学校・エリート生徒達と戦いながら?
UFOを呼ぼうと奮闘するといった、ボスが大好きなドラマであ〜る。
ボスは当時、不思議なものが大好きだったため、このドラマを見て
"UFO研究会"なんかもやっていた。そう。ずっぽしハマっていたのだよ。
で今回は「もしも、学校が・・・!?」のサイトをやっていらっしゃる、
kotobukiさんに無理を言って国立市のロケ地をめぐってみたのでした。
20年前ですからね〜風景ってやつはガラリと変わっておりました。

踏切のシーンはいろいろありましたが
レイカンが先生に頼まれてマイコンの家へ
向うシーン

アパートの一室に内緒でPCを持ち込む作戦で
一人みんなを待っているマイコン

この間、CSで再放送したんですけどビデオやDVDは発売していないので
なかなか見られる機会がないの残念・・・



UFOとはなんぞやすべては混乱の中にある・・・
趣味の編み物で気持ちを落ち着けようとする
イタチ・伊達先生のシーン

お〜あれだ!外からみんなで写真を撮りまくり。
かなり怪しい一団だと思われてるだろうな

陽気なくる兄と
kotobukiさん

この日はバカみたいに暑い日で超もやしっこボスは後半、意識が遠く
ファミレスで塩をなめていました・・・
kotobukiさん他のみんな付き合ってくれてありがとう〜!!
そして、今月末に「もしも、学校が・・・!?」20周年記念?オフ会が
行われます。会にはレイカン役の加戸谷隆斗さんもいらっしゃいます。
ドラマのファンにはよだれモノです。
「もしも、学校が・・・!」を知らない方、ちょっと興味を持った方は
ぜひ、kotobukiさんのサイトへいらっしゃってみてください〜

ここは裏口なんでしょうかね〜

屋上にピラミッドの材料を持ち込むシーン

実際は市立国立第七小学校
すっかり様子が違ってます

今でも踏切はいい感じでした〜

畑はかわっていませんが
遠くに大きな建物が。あぁ20年。

先生のアパートへ初めて行くシーン

非科学的なことを信じなかったマイコン
森で不思議なことが・・・

すでに取り壊され
敷地半分に児童保育園が建っていました

先生達のアパート哲志寮

嘘と真実しかないのかね・・・。
社の横でのシーン。レイカンとガラゴエ

谷保天満宮の階段
今は手摺や灯篭が設置されていました

神社の階段で仲間を待つ
マイコンとガラゴエのシーン

城山公園の道はあまり変わっていませんでした
ピエールが座っている木はひょっとして左のシーンの
裏側なのでは?

社には金網が

国立西中学校・校門

哲志寮の前でした